『Sex Bomb』がきこえてきて・・・

昨日、ランチに入ったお店で、『Sex Bomb』が流れてきました。

ちょうど、一緒にいたのがスケート関係のカメラマンさんとライターさんだったので、「食事に集中できない」と。
もう何十回(もしかしたら100回を超えているかも)も見ているので、「エアSex Bomb」的になら、だいたい踊れます。
多分そういう方は、結構いるんじゃないかとも思います。
だから、せっかくのおしゃれハンバーガーを食べているのに、昨日のランチの思い出の大部分は、金パンツと肉襦袢に持っていかれてしまった形になりました。

(※『Sex Bomb』とは、プルシェンコが2001年世界選手権のエキシビションで初めて披露してから、もう16年も経つのに、今年また日本でも披露してくれて、観客を大いに沸かせたプログラムで使っている曲です。肉襦袢と金パンツがとても素晴らしいので、ぜひ検索してみてください。)

そんなことが、よくあります。

情報番組のVTRの後ろに流れているのが『グラディエーター』とか『仮面の男』って場面に、何度も出くわしました。
またあるときは、ドラッグストアをうろうろしていたら、『哀しみのソレアード』が流れ始め、慌てて帰り支度をしたくなったりしたことも。
(※『哀しみのソレアード』とは、何年か前までのプリンスアイスワールドのフィナーレの音楽で、そのままふれあいタイムでも使われ続けていたので、「終わりだ、さあ、スケーターを眺めて帰ろう」みたいなものが刷り込まれちゃった曲です。)

今日カフェで仕事をしていたら、流れてきた曲!
ああ、誰の、いつの、何て曲だっけ?
えっと、男子の曲のような気がする。
日本人かな、うーん北米人のような気もする・・・
というところまでしかわからず、非常にすっきりしない数分間を過ごしました。
「Shazam」っていうアプリを使うとそういう時に曲を教えてくれる、とある時教えてもらったのですぐに起動させたのですが、雑音が大きすぎてアプリには聞き取れなかったようでした。
残念!

フィギュアスケートを見ていると、きっとフィギュアスケートを見なかった人生よりもたくさんの音楽に触れることができているんだろうな(私に関して、のみです)、となんだか少し嬉しく思います。
たくさんの音楽を知ることができ、音楽それぞれをドラマやストーリーと一緒に、頭でというよりは身体で記憶している感じです。

今年のプリンスアイスワールドの演目の中の、『Fields of Gold』も、あっという間にある演技を思い起こさせる曲です。
この曲を聴くと思うのは、2002年ソルトレイクシティ五輪のエキシビションのミシェル・クワンのこと。

その4年前の長野五輪で、優勝候補のひとりで、ショートプログラム1位だったけれど銀メダルだったクワンは、2002年、自国アメリカでの五輪を再び優勝候補として迎えます。
そして、ショートプログラムを1位で折り返しました。
が、結果は銅メダリスト。
そのエキシビションでの演技でした。
実況を聞くと、彼女がエキシビションに出てきたところで観客は総立ちだったようです。
その後、このしっとりした曲を滑り終えたクワンがテレビ画面にアップになると、頬に涙が。
エキシビションでの涙というものに、クワンの思いが感じられて、何度見ても胸がつまります。
この演技だけを見たら、なぜ涙なんだろう、と思うかもしれませんが、そのストーリーとともに見ると、胸がいっぱいになってしまう数分間です。
ぜひ「fields of gold kwan」で検索してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする