「ひみつのヒミコちゃん」 eテレな日々

もう5月の最終日。
てことは、「みいつけた!」(eテレの子供番組)の歌も、もしかしたら明日から変わっちゃうかもってことだー。

番組内で毎回何曲か流れる歌のうち、今は、「ひみつのヒミコちゃん」という歌が好きです。

最初聞いたときは、「卑弥呼を歌にするなんて斬新!」って思っただけだったのですが、聴くほどになにかじんわりくるようになって。
子どもも好きで、この曲がかかるとテレビの前でにこにこしながらリズムを取っています。

「ひみつ、ひみつ」の部分では、テレビの中の人たちが人差し指で「しぃ」のポーズをしているのですが、この曲が流れ始めた頃、うちの子はいつも、あごを上げて、グーにした手をそのあごの下にフィットさせていました。
何をしているんだろう、と思ったのですが、多分、「指しぃ」の、人差し指以外の4本の指で作っているげんこつ部分に反応したんですね。
それがとてもかわいくて、「ひみつのヒミコちゃん」またやらないかな、と日々楽しみに待っていました。おとといあたりから急にまた頻繁にこの曲が流れるようになり嬉しいなと思っていたところ、なんと子どもに成長が見られていました!
「ひみつ、ひみつ」のパートで、げんこつではなくて、ちゃんと人差し指を1本伸ばしています!
おおお、人差し指にきづいたのねー!
がしかし、やっぱり「口の前でしぃ」というニュアンスは伝わっていないらしく、人差し指を鼻のてっぺんにつけています。
おもしろいなあ。

てことで、今この曲を検索してみたのですが、いい曲だと話題になっているらしいです。そうよね。
レキシの池ちゃんが作っているそうです。
どなたなのか知らなくて恐縮です。

にんじんは、待ちきれずにつまみ食いされちゃいました。

この番組、いい曲がちょいちょいあるんですよね。
「グローイングアップップ」っていう、僕の使ってたお姉ちゃんのお古の、ご飯をたべるイス。最近ちいさくなっちゃったから、明日からはいとこが座るんだって、って内容の曲なんですが、僕とイスの思いが交差するとてもぐっとくる曲です。

2番もあって、三輪車についての思いだったように記憶しています。
この曲、作詞は宮藤官九郎、作曲は星野源。
eテレのさまざまな曲を見ていると、結構な面々が作り手に名を連ねていてびっくりします。

余談ですが、「みいつけた!」にでてくるサボさん(サボテンが擬人化された生き物。この番組の主人公は、イスのコッシー。イスです、イス。びっくりした)の変化形?のサボ子が大好きです。
サボさんも好きなのですが、チャレンジャーで臆することのないサボ子、サイコー。
大学の応援団に入団したり、チアリーディングを一緒にやったり、このあいだは帝京大学ラグビー部に体験入部して、筋肉隆々なお兄様たちをべたべたさわったり、タックルで飛ばされたりしていました。素敵。
サボ子には、これからも挑戦を続けてほしいです。

これまでも、一番見るのはeテレだったのですが、さらに、「ピタゴラスイッチ」とか「にほんごであそぼ」などなど子供番組が追加されて、eテレな日々です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする