さくらももこさん逝去の報に接して。

デニス・テンの逝去とともに衝撃的だったのが、さくらももこさんが亡くなられたことでした。どちらもまだ、自分の中で過去のことにできない、まだ理解もできていない、という感じです。

『ちびまる子ちゃん』を漫画で読んだりテレビで見たりしたし、さくらさんのエッセイも何度も読んできました。
健康法がいろいろ書かれていて、一度、友人と「飲尿健康法」を試してみる?とトライしたこともあります。
普通のコップを使う勇気(?)はなかったので、紙コップを買ってきていざ、と臨んだけれど、結局どうしても手前でオエ~ッとなってしまって、できませんでした。
なつかしいなあ。

数年前の妊娠中、いろいろな人たちの妊娠・出産・育児体験エッセイや漫画を読んだのですが、さくらさんにもそういう本があったよなあ、と思い出し、『そういうふうにできている』を再読しました。

でも、この本を読んだほかはここ10年くらいさくらさんの著作を読んでおらず、たまに実家の静岡に帰ると、駅前やそこここの看板や横断幕などでちびまる子ちゃんがお出迎えしてくれて、っていう感じでした。

そんな具合なのに、さくらさんが亡くなられたことに、どうしてここまで衝撃を受けているんだろう、とずっとぼんやり考えてきました。
そして気づいたのが、それは多分、静岡市ってところにつながるのかな、ってことでした。

大学進学まで、私は静岡市で過ごしました。
色々な思い出がある大好きな街です。
静岡を離れた時期にちょうどよく読んでいたさくらさんのエッセイや『ちびまる子ちゃん』には、そこここに静岡や清水の香りが感じられました。
さくらさんの出身は清水市ですが、15年前に静岡市と合併して、今清水は静岡市清水区となっています。
でも旧静岡市も旧清水市も、基本的に同じ文化圏。
だから、さくらさんのお母さんがよしもとばななさんへのお礼に「今度お茶を送っておくよ」とものすごく静岡人っぽいコメントで締めていた、とか、家にはいつもお茶とみかんがあることとか、知らず知らずのうちに富士山をとても誇らしく思っている気持ちとか、七夕豪雨にまつわるあれこれ(まるちゃんが小学生の時に静岡を襲った豪雨。私も小さい頃からその話を聞かされていました)とかっていうエピソード1つひとつを、ものすごく親しい気持ちで読んできました。
そうやっていつの間にか、さくらさんの著作やさくらさんご本人(って存じ上げないけれど)と、私の中の「あの頃の静岡」ってものを重ねていたのかなと思います。

静岡を離れてからもうかなりの時間が経って、っていうか、静岡以外で過ごしている時間の方が長くなって、たまに静岡に帰ると、当たり前だけど、私の頭の中にある「あの頃の静岡」とは違う街がそこにあって……寂しいとかは思わないけれど、あの頃同じ道なのに全然風情が違うんだなといったようなあたり前のことを、意識下で言語化もしないでぼんやりと感じていたように思います。

でも、さくらさんの著作の中には、「あの頃の静岡」がある。
中学時代に友人に「すごくおいしいのど飴がある」と教えられて買いに行った、パルシェ(静岡駅の駅ビル)1階の健康食品屋さん。
私が行った時期ではないけれど、どうやらそのお店でさくらさんがアルバイトしていたらしい、ということをエッセイを読んで知ったときの、身体全体を熱いなにかが、静かに、でも急速に流れた、あの喜びのような愛しさのような思いとか、『ちびまる子ちゃん』に出てくる駄菓子屋さんでおでんが売られているシーンを見たときの「だよねー、静岡だもんねー」とわきあがるさくらさんへの親しみのような気持ちとか……なんていうか、私の中の「あの頃の静岡」の拠り所のようなものが、さくらさんの著作だったのかな、と今、思っています。

それが、もう、見られなくなってしまったこと。
だからこそ、こんなに衝撃、というか、喪失感をおぼえているのだと思います。

普段は忘れているけれど、「富士山は静岡のものだ」と山梨の人と言い合うとき、「みかんと言えば静岡なんだよ」と今度は愛媛の人と絡むとき(長いこと、生産量1位は和歌山、2位愛媛、3位静岡です。なんだかくやしい!)、「生じらすと生さくらえびは時期があるからねー、なかなか食べられないよねー」とクールに言うとき、「カズさんは超地元出身だし、武田や澤登は高校サッカーの頃から見てるよ」ってなんてことない顔して話すとき、そして、『ちびまる子ちゃん』を目にしたとき、本当に静岡人であることを誇らしく思います。
って、住民票も静岡にないので、「心の静岡人」であることを誇りに思っている、ということになりますね。

自分の中の静岡愛というか静岡熱みたいなものを、共有できたのが、さくらさんの著作だったんだな、と思います。
だから、本当にとても寂しい。
ご冥福をお祈りいたします。

***********
●9月15日(土)13:00-14:30
朝日カルチャーセンター 新宿教室
「フィギュアスケートの楽しみ方
 ~2006年トリノオリンピックを堪能する~」
12年前の2006年トリノオリンピックを覚えていますか?
今のような採点方式になって初めてのオリンピックでしたが、とはいえ、6.0方式だった旧採点方式のテイストもまだ残っていたあの大会。
男女シングル、ペア、アイスダンスすべてを振り返り、忘れていたこと、初めて知ることなど、フィギュアスケート観戦の喜びに浸る時間をめざします。

***********
●10月14日(日)10:30~12:00
NHKカルチャー 広島教室(※広島です)
「これまでのNHK杯を振り返り、これからのフィギュアスケートを展望する」

11月9日から始まる今シーズンのNHK杯は、広島で開催されます。
今回が40回目となるNHK杯ですが、広島開催は1991年以来2度目。
そこで、過去のNHK杯を振り返りながら、フィギュアスケートの大きな流れを体感し、さらに今シーズンのルール改正(4回転ジャンプの回数制限やGOEの評価幅の増加など)によって今後どんな展開が予想されるのかといったことを、これまでの試合現場やインタビューで見たり聞いたりした秘蔵エピソードとともにお話します。

***********
●11月3日(土・祝)13:00-14:30
朝日カルチャーセンター 新宿教室
「フィギュアスケートの楽しみ方
 ~相関関係から見るフィギュアスケート~」
脈々と続いてきたフィギュアスケートの世界では、当然ですが、すべてのスケーターが、数多くの人たちとつながって現在に至っています。
さまざまに影響を受け合ってきた者同士の相関関係からスケート界を見てみると、意外な発見があったりします。
スケーターやコーチ、振付師たちの意外な接点などをご紹介することで、演技をより奥深く見られる時間をめざします。

***********
●12月1日(土)13:00-14:30
朝日カルチャーセンター 新宿教室
「フィギュアスケートの楽しみ方
 ~プログラムの味わい~」
スケーターたちの滑るプログラムを分類してみると、いくつかにわけることができそうです。
例えば、映画やミュージカル、バレエなどの音楽を使って、もともとある世界観にさらにオリジナルテイストを加味するもの、また、テーマやストーリーはなく、音楽の調べそのままに滑るもの……こうしたさまざまなプログラムをじっくりと見ることで、プログラムの味わい方や楽しみ方のヒントをお話します。

朝日カルチャーの11月、12月一括申し込みは、こちらから。シーズン真っ最中でお忙しい時期になりますが、ぜひご検討ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする