トリノオリンピックを振り返りながら。

今週土曜日の朝日カルチャーが、トリノオリンピック関連の内容になるので、改めて振り返っています。
引っ越しの時、ちょうどこんな雑誌が出てきました。

カナダの雑誌なのに、表紙で一番大きな写真がロシアペアの不思議。

『SPOTLIGHT ON SKATING』です。
なつかしい。
エディターは、Ice Networkでも活躍されていたLynn Rutherfordさんだったんだ、と今頃気づきます。

この号は、ほぼ全体がトリノ五輪特集で、ミシェル・クワンが直前に五輪に行けなくなった会見とか、ステファンのひざの手術のこと、日本女子の会見、熱々のフォンタナとジマーマン、などなどの記事が盛りだくさんです。
すっかり忘れていることがいっぱいで、ものすごく楽しい。
もうすでにインターネットでスケートの情報に日々触れてはいたけれど、まだ、今ほどにSNSなどからばんばん情報が入ってこなかったので、こういう雑誌がすごく嬉しかったのも思い出しました。

最後のページには、ミラ・リュンがジョアン・マクラウドコーチに「もうあなたとは仕事しないわ」と世界選手権後に言われた、しかもホームリンクの奨学金を打ち切りにされた、それに対してミラ・リュンも怒っている、という記事が。おお、こんなことがあったのか。いや、ただの噂だったのか。ミラ・リュンも、なつかしいなあ。ピアノ上手に弾くんですよね。元気かなあ。

スケート靴やブレードの広告もいっぱい。
そうか、2006年は北米でもまだこんな感じだったのね。

この間インタビュー(については、10月に発売予定の『フィギュアスケートLife』Vol.15に掲載されます)させていただいた佐藤有香さんに、北米のスケートについてもたくさん教えていただいたのですが、そうよね、ミシェル最後の試合(になるはずったのが)2006年のトリノ五輪、リーマンショックが2008年・・・そうか、北米、というかアメリカのスケートが大人気だった最後の頃なのね、トリノは。

とかいうことをいろいろ思いながら、当時の映像をDVDで見ています。
そのたびに、上に書いたようなことをさまざま思い出し、ぐっときたりしています。
ステファンの涙、覚えていますか?
トリノの会場で、一般の観客として友人と一緒に男子の表彰式を見たのですが、「もしかして、ランビ、泣いてる?」と、遠いところまで見えるレンズのついたカメラ越しに見ている友人に聞くと、「うん、泣いてるね」と。その返事を聞いたらなんだか胸が締め付けられて、ああ、そうか、ランビよかったね。と思ったことも思い出します。

また隣に座っていたブルガリア人? ルーマニア人? だったかの人は、「日本の男の子はいいわね。きっと上に来るね」と言っていました。日本の男の子って、髙橋大輔さんのことです。あの五輪、日本男子は1枠でした。

ああ、さまざまなことを思い出します。

過去の試合を見ることの楽しさって、忘れていたことを再度認識するのが気持ちいいことや、すでにその後のことを知っているので、「ああこの時はこうだったけど、2年後にはこうなって、こうなるんだよ」と、いろんなことを俯瞰して見ることができることかな、って思っています。

まあ、ここからは宣伝になってしまいますが、そういう感じの講座になると思うので、もしご興味とお時間ある方は、『フィギュアスケートの楽しみ方 ~2006年トリノオリンピックを堪能する~』にいらしてください。

さて、またDVD見るぞ。
(久しぶりに、撮りためていたDVDが役に立って、それが本当に久しぶりで、ひとまず引っ越しで捨てなくてよかった、という気持ちです。)

***********
●9月15日(土)13:00-14:30
朝日カルチャーセンター 新宿教室
「フィギュアスケートの楽しみ方
 ~2006年トリノオリンピックを堪能する~」
12年前の2006年トリノオリンピックを覚えていますか?
今のような採点方式になって初めてのオリンピックでしたが、とはいえ、6.0方式だった旧採点方式のテイストもまだ残っていたあの大会。
男女シングル、ペア、アイスダンスすべてを振り返り、忘れていたこと、初めて知ることなど、フィギュアスケート観戦の喜びに浸る時間をめざします。

***********
●10月14日(日)10:30~12:00
NHKカルチャー 広島教室(※広島です)
「これまでのNHK杯を振り返り、これからのフィギュアスケートを展望する」

11月9日から始まる今シーズンのNHK杯は、広島で開催されます。
今回が40回目となるNHK杯ですが、広島開催は1991年以来2度目。
そこで、過去のNHK杯を振り返りながら、フィギュアスケートの大きな流れを体感し、さらに今シーズンのルール改正(4回転ジャンプの回数制限やGOEの評価幅の増加など)によって今後どんな展開が予想されるのかといったことを、これまでの試合現場やインタビューで見たり聞いたりした秘蔵エピソードとともにお話します。

***********
●11月3日(土・祝)13:00-14:30
朝日カルチャーセンター 新宿教室
「フィギュアスケートの楽しみ方
 ~相関関係から見るフィギュアスケート~」
脈々と続いてきたフィギュアスケートの世界では、当然ですが、すべてのスケーターが、数多くの人たちとつながって現在に至っています。
さまざまに影響を受け合ってきた者同士の相関関係からスケート界を見てみると、意外な発見があったりします。
スケーターやコーチ、振付師たちの意外な接点などをご紹介することで、演技をより奥深く見られる時間をめざします。

***********
●12月1日(土)13:00-14:30
朝日カルチャーセンター 新宿教室
「フィギュアスケートの楽しみ方
 ~プログラムの味わい~」
スケーターたちの滑るプログラムを分類してみると、いくつかにわけることができそうです。
例えば、映画やミュージカル、バレエなどの音楽を使って、もともとある世界観にさらにオリジナルテイストを加味するもの、また、テーマやストーリーはなく、音楽の調べそのままに滑るもの……こうしたさまざまなプログラムをじっくりと見ることで、プログラムの味わい方や楽しみ方のヒントをお話します。

朝日カルチャーの11月、12月一括申し込みは、こちらから。シーズン真っ最中でお忙しい時期になりますが、ぜひご検討ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする