宮原さんのちょうどいい心地よさについて、個人的に。

数日前、元気に咲いていたアサガオ。

これは私のブログなので、ここに書かれていることはいずれも私の個人的な感想ですが、この1年くらいずっと個人的に、宮原知子ちゃんが全体的にとてもいいバランスのところにいるなあ、それを見ているのは本当に気持ちがいいなあ、と意識下というか言語化しない領域でひっそりと思ってきました。

意識下で思っていた(感じていた)ことだったので、時々「やっぱりそうだよね」と思い出しつつすぐにすうっと忘れていたのですが、先日のNHK杯とGPシリーズの会見を見ているとき、急に、意識的にとらえるようになりました。
さらさらーっとまっすぐなロングヘアがつやつやできれいだなあーと思っていたときに、意識に、バーンと来た感じです。
そうだ、昨シーズンずっと、知子ちゃんの演技中の身体のバランスのよさとか、ポジションの美しさとか、すべてがとても高レベルでのちょうどいいところにある、っていう気持ちよさを感じていたじゃん、って。

ピンクの衣装の『SAYURI』で何度か見せる、両腕を左右に伸ばして手首をきゅっと直角に立てるポジションの妙とか、ダブルアクセルを跳んだあとスピンにいく前の2歩が音とものすごく気持ちいい感じで合っているとか(音ハメとは違う感じで)。
スパイラルで足がいい感じでまっすぐ伸びた気持ちよさとか、オリンピックの『蝶々夫人』を終えたときに見せたガッツポーズの折り目正しさのようなものとか。
ちょっと違うけど、『蝶々夫人』の髪飾りが、なんか中にチョコが入ってそうないい感じの質量感で、すごくいい。
彼女のきっちりとしているところが、ものすごくいい感じに昇華されて、今の素晴らしくちょうどいい感じになってきたと思います。

そして、身体っていうか筋肉のつき方とかも、とっても理想的。
いいなあ、あの身体……って思ったけど、そうだった、2季前のシーズン半ばから、ものすごい筋トレをしてきたんだった。
トレーナーの出水先生にインタビューしたときに、知子ちゃんについてのノートの中の、トレーニングメニューのページを見せていただいたのですが、強烈でした。
B5のノート1ページとちょっとに、ぎっしりとメニューが書かれていたのですが、1行目がすでに「腹筋500と500」とか。
それが58種類くらいあったと思います。
昨年のシーズンオフに氷にまったく乗れなかった時期には、そのメニューをやるのに朝の8時から夜の8時くらいまでかかった、と彼女自身が言っていました。
だからこそのあの身体で、だからこそのあの腹筋(織田くんのジャパンオープン後のツイッターでの写真を見ました)なのね、と。
食事についてもいろいろ勉強したり変えたりしたことも、きっと関係あるのでしょう。
小柄だけど、演技ではそれを感じさせなくなったので、たまにほかの人たち(スケーター以外)と並んで立っている彼女を見ると、そうだ、小柄だったんじゃん、と改めて気づくような感じです。

ものすごく大きくまとめちゃうと、スケートがうまくなって、きれいになった、っていうことになるのかもしれないけれど、このちょうどよさの妙。
全体を見ても細部を見ても、ものすごくちょうどいい。
なかなか、見られるものではないので、つぶさに見つめていきたいと思っています。

***********

フィギュアスケートLife Vol.15』、昨日発売になりました。宮原さんのインタビューも掲載されています。ザ・アイス大阪公演の前にお話をうかがいました。十分にインタビュー時間を取っていただきましたが、それでもお話が尽きずにもっと聞きたい、と思う時間でした。


***********

113日(土・祝)13001430

朝日カルチャーセンター 新宿教室

「フィギュアスケートの楽しみ方 ~相関関係から見るフィギュアスケート~」

脈々と続いてきたフィギュアスケートの世界では、当然ですが、すべてのスケーターが、数多くの人たちとつながって現在に至っています。

さまざまに影響を受け合ってきた者同士の相関関係からスケート界を見てみると、意外な発見があったりします。

スケーターやコーチ、振付師たちの意外な接点などをご紹介することで、演技をより奥深く見られる時間をめざします。

 

***********

121日(土)13001430

朝日カルチャーセンター 新宿教室

「フィギュアスケートの楽しみ方 ~プログラムの味わい~」

スケーターたちの滑るプログラムを分類してみると、いくつかにわけることができそうです。

例えば、映画やミュージカル、バレエなどの音楽を使って、もともとある世界観にさらにオリジナルテイストを加味するもの、また、テーマやストーリーはなく、音楽の調べそのままに滑るもの……こうしたさまざまなプログラムをじっくりと見ることで、プログラムの味わい方や楽しみ方のヒントをお話します。

朝日カルチャーの11月、12月一括申し込みは、こちらから。シーズン真っ最中でお忙しい時期になりますが、ぜひご検討ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする