『オルフェウスの窓』ご存知ですか?

うちの子ども、ネコが好きなようなので、よく、岩合光昭のネコの番組を録画して、見せています。
昨日も流したところ、イギリスのコッツウォルズのお宅で、グランドピアノの上に乗ったりするネコを紹介していました。
素敵な感じ。
穏やかで、いいいなあ。
しばらくすると、画面にネコの飼い主さんが登場。
「クラウス」
と、ネコを呼びました。

クラウス。
クラウス。
ああ、その4文字だけで、私の心はドイツやロシアに飛んで行ってしまいました。
コッツウォルズの穏やかな場所から、命をかけた革命の時代に、ぴゅーんっと。

狂おしいくらいに夢中になった、『オルフェウスの窓』という漫画。
ご存知でしょうか。
その物語の重要人物の1人の名前が、まあ、クラウス、っていうかなんていうか、クラウスなんです。

昔、友人と3人暮らし(シェア)をしていたことがあるのですが、その時に3人でハマッたのが『オルフェウスの窓』でした。
なぜ誰が持ち込んだのかわからないのですが、とにかくすぐに夢中になっちゃいました。

クラウスのことが好きで好きで、本当に苦しいくらいに好きだったなあ、読みたいなあと、子どもが寝てからすぐ、kindleで『オルフェウスの窓』を検索。
夏に引っ越しした時、愛蔵版4冊も文庫本バージョンのも処分してしまったので手元にはないし、Kindleにはないだろうなーと思ったんだけど、なんと、ありました。
あっちゃいました。

ああああ・・・しかも、第1巻はなんと、無料。
もちろんポチッちゃいますよね。
夢中でむさぼるように読んでしまいました。
そして、いいところで第1巻終了。

ああああ、そうです、もちろん第2巻を検索しちゃいますよね。
するとなんと、これまた無料。
もちろんポチッりゃいますよね。

またもむさぼり読む。
途中、夫が「まだ読んでるの?」って言ったような気がするけど、まだ、これ序盤も序盤ですよ、とぼんやり思ったような気がします。

そしてまた、ああ、クラウスが素敵な感じのところで、第2巻終了。
気づけば0時15分です。
まずい、子どもはとても早起き。
0時を目途に寝ないと、明日以降の自分が困っちゃいます。

でも一応念のため、第3巻を検索すると、ここからは有料。
1冊432円です。
よかった。
無料だったら、つづき読んじゃってたわー。

でもでもいったい何巻まであるんだろう、って見ると、18巻までのようです。
全部で、7,776円。
全巻DLの場合は割引とかあるといいなあ、と思いながらとりあえず寝たのですが、とにかく第3巻以降が気になって、っていうかかなり細部まで覚えているのでこの先何がどうなるのかもちろん知っているのですが、大変に気になっています。

いまから長く電車に乗るので、とりあえず5冊くらいDLしておこうかな。

(とkindleを見たら、「『対象のKindleマンガに使える 99円で購入できるクーポン』
プレゼントキャンペーン」ってのがありました。偶然今見つけたので、とても嬉しいです。『オルフェウスの窓』は対象のようです。やったーーー!)

てことで、おすすめです『オルフェウスの窓』。
ロシアが好きな人は、好きなんじゃないかと思います。
この漫画を読む前、大学の卒業旅行でドイツのレーゲンスブルクに行っていたので、ああ、あのあたりかな、とか妄想するのも楽しかったですし、またこれを読んだ直後、2003年だったかな、サンクトペテルブルクに旅行した(兼、川口悠子ちゃんに会いに行った)ときには、この漫画にも登場するユスーポフ宮殿(モイカ宮殿)に行って、舐めるように様々なところを見てきました。
日本人はまだ全然行っていない時期だったので、英語とロシア語のツアーしかありませんでした。今はどうかな。

ってことで、とにかく夢中になった『オルフェウスの窓』。
秋から冬にかけての時期に読むのがいいんじゃないかな、と私はなんとなく感じています。
ご興味ある方は、ぜひ読んでみてください。
長いし、再読したほうがより楽しめると思う、時間のかかる物語ですが、本当に素晴らしいです。

***********

113日(土・祝)13001430

朝日カルチャーセンター 新宿教室

「フィギュアスケートの楽しみ方 ~相関関係から見るフィギュアスケート~」

脈々と続いてきたフィギュアスケートの世界では、当然ですが、すべてのスケーターが、数多くの人たちとつながって現在に至っています。

さまざまに影響を受け合ってきた者同士の相関関係からスケート界を見てみると、意外な発見があったりします。

スケーターやコーチ、振付師たちの意外な接点などをご紹介することで、演技をより奥深く見られる時間をめざします。

***********

11月18日(日)13:00-14:30
朝日カルチャー新宿教室
「川口悠子を育てたサンクトペテルブルク」

ロシア代表のペアのフィギュアスケート選手として、輝かしい成績を残した川口悠子さん。16歳で日本を離れ、2003年からはロシア・サンクトペテルブルクを拠点に活躍してきました。
ペア演技を見るコツやパートナーとの関係などペアならではのお話、フィギュアスケート王国・ロシアの代表選手として肌で感じてきたサンクトペテルブルクのフィギュアスケート界のあれこれ、サンクトペテルブルクでの16年の生活のこと、同じホームリンクで練習した同世代のプルシェンコや世界トップ選手たちとの交流秘話、国内外のアイスショーでのこぼれ話など、幅広いお話がたっぷりの1時間半です。

***********

121日(土)13001430

朝日カルチャーセンター 新宿教室

「フィギュアスケートの楽しみ方 ~プログラムの味わい~」

スケーターたちの滑るプログラムを分類してみると、いくつかにわけることができそうです。

例えば、映画やミュージカル、バレエなどの音楽を使って、もともとある世界観にさらにオリジナルテイストを加味するもの、また、テーマやストーリーはなく、音楽の調べそのままに滑るもの……こうしたさまざまなプログラムをじっくりと見ることで、プログラムの味わい方や楽しみ方のヒントをお話します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする