スケート雑感

GPシリーズの配信を見たり、Zoomでインタビューしたりな日々。

先週末はスケートアメリカを見たりしていました。


今シーズンからのテレ朝さんの配信、いいですね。
もちろんライブで全員見られるのもいいですし、アーカイブが1週間くらいっていうもの絶妙です。

いつもは、「録画して安心してそのまま」になってしまうことも多かったのですが、「アーカイブで見られるのは1週間くらい(とはいっても、6大会分の配信を申し込んでいるので、他大会をやっているときには前の大会のアーカイブも見られるのですが)」と言われると、しっかり見ますね。
今日も、お昼ご飯をみながらこつこつアーカイブを視聴しました。
PC画面に、リザルトを表示させながらだと、ますますおもしろいです。

今週は、月曜に1件Zoomインタビューがあり、とても楽しくお話をうかがいました。
スケートについてのわからないこと、気になることがたくさんあって、それらを丁寧にかみ砕いて教えていただき、とても勉強になりました。ありがとうございます!

今日も1件Zoomインタビュー。
以前の五輪について、知らなかったことなどを聞き、笑ったり。
その方と話しながらそうだよねと確認したのは、スケートには人生経験のようなものが出る、ということでした。

スケートの演技からは、それぞれのスケーターの人となりと人生経験とが相乗して毎回違ったものが見られるし、年をおうごとに深いものが見られるようになっていきます。
スケート観戦の醍醐味のひとつ、ですね。

2つのインタのためにたくさん昔のスケート本で調べました。
うちにある本はどれも過去に読んだはずなのに、読み始めるとすっかり忘れていたことが多々あり、毎回本を(今必要なこと以上まで)読みふけることに。
時間は足りなくなったけれど、心は満足しました。

そんな日々です。

ABOUT ME
hasegawahitomi
ライター 長谷川仁美です。 フィギュアスケートのこと、そのほかに日々のことなどを。 どちらも、より深く楽しめるといいなという思いとともに続けています。