調べたこと

選手たちの年齢対応表・男子選手(シングル/ペア/アイスダンス)編

スケートを見ているとき、「あれ?この選手とこの選手、同い年なんだ」と思うことや、「この選手の方が年下なのか」と気づいたりすることがあります。ちょっとした発見に、視野が広がる気がします。

また、長くシニアで見てきたなあ、と思っていた選手が、実はまだ21歳くらい、ということもよくあります。そうした選手は、とっても突出しているorスケート大国ではない国の選手なので、若い時代からシニアとして戦ってきている、というような背景が見えてきたりも。

そんなあれこれには、それぞれにドラマがあるような気がします。
選手たちを年齢で対応させて見ることも、スケート観戦のひとつの視点を与えてくれるように思います。

選手の年齢を対応させて見る楽しみ。

いつもは自分のノートに書いている年齢対応表を、今回、ブログにアップすることにしました。なにかの一助になればいいなと。
世界ランキング上位とかここ数年の成績をもとにおおよそで選手を掲載していますが、「この選手が載っていない!」「間違っている!」というようなことがあったら、それは意図ではなく、単なるミスです。なにかありましたら、メールからお知らせください。

私のスケート観戦を充実したものにするために作った個人的なものなので、一緒に楽しんでいただけたらという思いで掲載します。

年齢対応表(男子選手)

生まれ年21年の年齢
(誕生日前→後)
22年の年齢
(誕生日
前→後)
男子(シングル、ペア、アイスダンス)
198535→36歳36→37歳1/27 ラッドフォード
198634→35歳35→36歳3/16 髙橋大輔
198733→34歳34→35歳 
198832→33歳33→34歳2/2 ファブリ
2/5 ビチェンコ
198931→32歳32→33歳2/18 ソレンセン
2/23 ベイツ
199030→31歳31→32歳3/30 ブレジナ
5/4 ルデュク
9/17 ディアズ
11/21 ハリャビン
199129→30歳30→31歳1/8 ダナヒュー
(4/15 フェルナンデス)
6/17 小松原尊
7/10 カツァラポフ
11/6 ポール・ポワリエ
199228→29歳29→30歳1/7 マリナロ
1/23 キーガン
6/10 アンブルレヴィチウス(アリソンのパートナー)
8/2 ツォン・ハン(韓 聰)
8/22 木原龍一
11/1 ウラジミール・モロゾフ(タラモロ)
11/19 フレイザー
199327→28歳28→29歳9/16 ブキン
10/7 ベイカー
199426→27歳27→28歳5/1 ギブソン
5/16 ヤン・ジン(金 楊/キン・ヨウ)
11/12 シゼロン
11/18 ブレンダン・ケリー
11/22 田中刑事
12/7 羽生結弦
12/15 ジェイソン・ブラウン
199525→26歳26→27歳2/18 コリャダー(コリヤダ)
3/17 クヴィテラシヴィリ
(6/18 コフトゥン)

10/3 パーソンズ
11/5 ジョンソン
199624→25歳25→26歳3/6 ハン・ヤン
4/18 バギン
199723→24歳24→25歳8/1 エイモズ
10/3 ボーヤン
11/19 ラズキン
12/17 宇野昌磨
199822→23歳23→24歳3/12 サモヒン
5/15 友野一希
5/20 ナム・ニュエン
6/15 サマリン
9/5 リッツォ
199921→22歳22→23歳4/15 LAGHA(CAN)
5/5 ネイサン
5/31 サドフスキー
6/1 アリエフ

7/6 KHODYKIN
8/9 デニス・ワシリエフス
8/28 ガリアモフ
12/23 コズロフスキー
200020→21歳21→22歳1/10 山本草太
1/20 トモキ・ヒワタシ
3/25 プルキネン
6/21 イグナトフ
8/18 ニコライ・マヨロフ
10/25 ヴィンセント・ジョウ
200119→20歳20→21歳1/31 アダム・シャオ・イム・ファ
2/4 須本光希
9/11 島田高志郎
10/15 木科雄登
10/21 ジュンファン・チャ
12/29 森口澄士
200218→19歳19→20歳3/26 三宅星南
4/4 グラスール
4/11 グメンニク
9/15 本田ルーカス剛史
12/17 壷井達也
200317→18歳18→19歳2/15 大島光翔
3/24 モザリョフ
3/26 門脇慧丞
5/5 鍵山優真
7/26 セメネンコ
9/3 コンドラティウク
12/17 ダニエリアン
200416→17歳17→18歳2/6 佐藤駿
12/2 イリア・マリニン
12/22 ゴゴレフ
200515→16歳16→17歳6/8 三浦佳生
7/13 サムソノフ
8/6 中村俊介

女子選手バージョンも、後日掲載します。

ABOUT ME
hasegawahitomi
ライター 長谷川仁美です。 フィギュアスケートのこと、そのほかに日々のことなどを。 「やっぱり、フィギュアスケートっていいな」「やっぱり日常っていいな」という思いで、このサイトを続けています。